人は絶対信じない

日常のことではない。運転の場面である。

よく教習所や運転免許試験場で「だろう」運転はやめよう、と言われる。

「止まってくれるだろう」
「避けてくれるだろう」

などと考えて注意を払わないのは危険であると。そういう意味で、自分は運転しているときほかの車のドライバーのことを信じない。基本的な運転規則はもちろん、いわゆる運転マナーを相手が持っているとは考えない。無茶な車線変更、ブレーキがあるのではないかと常に疑っている。

よくよく車の挙動を見ると明らかに「おかしな車線変更をしてきそう」とか「急にブレーキ踏みそう」とかわかるものだ。

よけいかもしれないが付け加えるとすると、そういう動きをするドライバーは「マナーがなっていない」のではなく「運転が下手」と簡潔に言える。