ハワイでレンタカー2(コツ・マナー・注意点)

今後の自分の為にも、ハワイでのドライブの印象・注意点をここに挙げておこう。

・空港でレンタカーを借りていきなりH1(高速道路)に乗ってホノルルへ向かったため、クルマや左ハンドルに慣れる前に大海原へ放り出されたようで非常に恐怖を感じた。空港からホノルルまでのH1は朝も昼も交通量が多く、右車線の出口レーンへ車線変更するのが(いくらロコが譲ってくれるとはいえ)難しい。その上、下手に右車線にいると出口専用レーンも多く、強制的に降りてしまう可能性も高い。でも降りてもオアフの道は複雑ではないから時間もロスはあまりないのだが。ニミッツハイウェイ(下道)で行くのがbetter。でもそれさえもよくわからずH1に乗ってしまった。もちろん無料なので乗り直しても痛手がないのがいい。

・初めてなので日本語ナビを付けて頂いた。1日13ドル(今なら1000円くらいか)、最初は馬鹿にしていたがこれなしでは恐らく途方に暮れていたと思う。事前にネットで紹介されていた「ハワイドライブマップ」を買って読んでおいたが実際運転しているとそれどころではない。しかも特にホノルル周辺は一通が多く曲者。ナビはとても親切で今のエボに付いている楽NAVIより100倍反応が早く、再検索も迅速で助かった。また、非常に細かい道路まで網羅してあるので感心した。でも1週間くらい運転しているとさすがにわかってくるというか道が複雑というわけではないので次からは要らないと思う。でも安心目的であってもいいかとも思う。真珠湾へ行く時とか、少し奥に行くときはいいのかな。

・前回も書いたが、ロコの運転マナーの良さは頭が下がる。何度も言うけど車線変更はちょっと急でも必ず入れてくれる。信号のない交差点での譲り合いも完全に順番通り、まさに本に書いてあるとおりであった。ウィンカーが殆どないのも目をつぶれる。ただ、これを日本で真似するやつがいたら首都高では僕が許さない!(何が)

・マナーは歩行者に対しても最高。信号のない横断歩道では必ず止まってくれる。日本で僕が許せないことのもう一つとして、横断歩道に横断待ちの歩行者がいるのに日本では平気でびゅんびゅんクルマが通過する。僕は必ず一時停止するし、歩行者に譲ってもらったら大きくお礼をする。(若干これも違反だが)

・「Baby in my car」みたいな意味のないステッカーはやはり日本だけだな、あれだけは止めた方がよい。

・ミニバンも殆ど見ない、やはり日本だけだな、あれだけは止めた方がよい。