4WDとターボが日本のスポーツカーを駄目にした、とのこと

トヨタ86の開発者の方がそう仰ったとのこと。インプレッサランエボのこと?

ベストカー誌上では竹中さんを含めて猛反発していたけれど、一ランエボユーザーとしてみれば、周りが思うほど気にしていない。彼も4WDとターボがすべての悪の根源なんて思っているはずもないし、インプレッサランエボを目の敵にしているわけでもないと思う。それに自分でさえ、その発言が1%も正しいところがない訳ではないと思う。

僕は圧倒的にランエボに「乗せられている」方だと思う。圧倒的な性能の前に運転する楽しさの本質を忘れてしまっているかもしれない。Z4を乗ったとき、そう思った。あのハンドリングの緊張感はランエボでは絶対感じられない。

でも、僕も妻帯者だし自分が大切だから少しでも安全な車に乗りたい。その上でさらなる速さを求めたい。そして、ある程度のポルシェ、BMW、ベンツを抜き去らなければならない(それは必要ないか?)。それにはターボによる圧倒的トルクを四駆で操らなければならない。

まあ、よくよ考えれば最初かスポーツカーとして設計された86と、単なるランサーを無理やり改造したランエボはポルシェとタンクローリーくらい世界が違うよね。