POTENZA RE-11はウェット性能厳しいわ

昨日アクアラインを走行中酷い雨。視界が悪くなるほどの豪雨。

いつも、基本的に少しでも雨が降っていればランエボのデフはsnowモードにしてがっちりと四駆のグリップ力を最大限活かして走行している。自分の運転能力の無さは人一倍自覚しているから。滑ってからの立て直しなんて恐いから。

タイヤは三年前に替えたポテンザRE-11。まだ4分くらいは確実に残ってるはず。

しかし昨日はダメだった。ハイドロしまくり、滑りまくり。もちろんすぐグリップが戻るのですが、運転がうまくない自分にとってはちょっと無理。後ろから来たレガシーに颯爽と追い抜かれた。悔しいー!

悔しいのは冗談として、これでは雨天時に安心して運転できない!

ということでいろいろ調べるとウェット性能といえばミシュラン pailot sports PS2がいいらしい。驚きのウェット性能だとか。実はかのポテンザに替える時も候補に挙がったのだがあいにく取り寄せに時間がかかるとのことで断念。

でも命が一番大事だし、雨の日でも安心して走れるのに越したことはないから早速みつもりでもとってもらおうか。

一緒にブレーキパッド交換、本当はコンピューターチューニングしたい。

ということは、来年車検通すことになるかな。10年選手仲間入り。タイベルもか。うーん、GT-R計画は中止だな。