Road to GT-R

20090719071757.jpg2004年に登録された我がランエボ8MRは、ついに10年目を迎える。

走行距離はまだ65000㎞程度とそれ程走っているわけではないが、そろそろ終着点を見据える必要がある時期である。2008年に中古で購入し6年を共に過ごした。苦楽を共にしたと言えば大袈裟か。今思い返しても、様々な場所、思い出、場面が浮かんでくる。間違いなく人生の中で最も印象に残るクルマだと思う。

普段は安全運転とはいえ、踏むときは踏んだ。無事故で無事走ってこられたことに感謝の念しかない。ありがとう。

でも、いつかは別れるときが来る。それがたまたま今だったということ。思えばマンションを購入したのも半ば勢いというか衝動買いに近いものがあった。今回のクルマに関してもそう。勢い半分。

でも、人生の中で大きな買い物だからこそ勢い半分でないと踏み出せない、実行に移せないのだと思う。だから大きな買い物がいつも衝動買いというのは決して不思議なことではないと思う。

ST202セリカから始まったクルマの履歴は、GDB-Aインプレッサsti、そしてCT9Aランサーエボリューション8MRと繋がれた。

さあ、国産車で次に乗るクルマは・・・。そう、もう一つしかない。

35GT-R。

平成26年2月、中古であるし前期型であるが35GT-Rを契約。

もちろん最初で最後のランエボとの人生はあと僅か、カウントダウン。恐らく人生最後のMT車となる。結局、限界の「げ」の字も引き出せなかったし乗りこなせなかったけど、僕はランエボ8MRに6年間という時間「乗せられていた」人生を誇りに思う。20代後半から30代前半の最も濃密な時期をこのクルマと過ごせたことは幸せだった。日本に4000台存在しない8MR。

あ、下取り車だから最後まで間違っても事故らないように乗ります。

ありがとう!次のオーナーに大事にしてもらえるよう祈ります。