Team Mono-Blueのブログ

35GT-RやランエボやインプstiやMTGのことなど

FRって滑るよね C63

何を当たり前のことをいっているんだと思われますが、なにせFRは初めてなんです。最初はFF(ST202)、次のGDB-AとCT9Aはfull timeの4WD、前の35はFRベースではあるが4WD。

 

ということで4WDが当たり前、あのグリップ、安定感、接地感が当たり前と思っていたんです。

 

それがこの前、雨の日、といっても土砂降りではなくてごく普通の雨量。アクセルも半分くらいで料金所から加速しようとしたら普通にお尻を振る。いや、当たり前だろと言われたらそれまでですが。もちろんEPS介入するから全然contoroalableですが。全然加速しない、というか後輪がグリップしない。3000km未満だからタイヤもほぼ新品です。

 

フロントにV8積んでいればそりゃフロントヘビーですよね。

 

しかしそれを経験してからなんで未だにC63はFRなんだという疑問がわいてくる。色々ネットを見ると「それがAMG」とか「わざとFR」という見解があるんですね。つまりわざとあの後輪では受け止められないようなパワーやタイヤ設定にしていることでいびつなチューニング感を出す。

 

なるほど。そう考えるとC43に4Maticがあって63に無い理由がわかる気がする。

いや、なるほどじゃなくてさすがに次は4Maticだよね?M3は情報が錯綜しているが次期はxDriveになりそうとのことだし。

MO、熱はだいぶ落ち着きました

というか少し食傷気味。

 

ラブニカのギルドは結構シングル買ったけど元々が青単専門だからね、多色は難しいよ。結局青白とかだけど青白コントロールの動きは古今東西どれも似ているし、そもそもMOだと時間がかかってしょうがない。露骨に嫌がられることもあるし。結局MOだと相手のことを考えればjust for funだとコントロールは禁忌。白単ウィニー(アグロっいういい方はまだしっくりこない。ステロイドとかで育ったから)でサクサクとゲームするのが最近の恒例。あとは青単ウィニー。昔で言うとBuleSky。そう考えると水位の上昇って貴重なカードだったんだなあ・・・。

しかしそんなことばかりやっているとMOから足が遠のく。最近数週間はログインさえしていない。ただ、いつかまた熱が出るときにやりこむんだろうなと。

MTG Legacyで青単を貫く

MOの熱も少しだけ落ち着いてきた。

 

つい最近まではStandardかModernばかりでゲームをしていたが、自分の現役時代のカー、つまりなじみのあるカードを使用するとなるとどうしてもレギュレーションはLegacyとならざるをえない。

 

しかしMOでもそれらに使うカードは高価な物ばかり。本物で持っているBtB、FoWやWastelandをそろえる程の気力・財力は無い。

 

しかしそれで青単を組めないとなるとTeamMonoBlueの名が廃る。

 

ということで代用カードで遊びのデッキを組むことに。これが(just for funでは)意外に勝率が良い。

 

WastelandのかわりにTectonicEdge。BtBのかわりにAnnexで奪って土地制限。Capsizeでソフトロック。最後はRainbowIfreetか、相手の戦意喪失で押し切る。

 

ただし、トーナメント等では瞬殺されるのであくまで遊び用である。

イクサランのフルスポイラーを見ての感想

この1ヶ月は長年(15年程)のブランクを取り戻そうとMOで修行する毎日。青単?厳しい・・・・。瞬殺されること多し。

 

ところでイクサランの公式フルスポイラーが公開されたので、雑感を。もちろんTeamMonoBlueだから青中心にしか見ていないが。

 

海賊やマーフォークが多く、生物寄りの印象。自分は生物中心デッキは興味が無いのであれだが、「順風」と「ケフネトの碑」で加速するBlueSky的なデッキを想像してしまう。

 

2マナ前後の軽い生物を並べて「風と共に」でもつける?

 

「Opt」で回して「航路の作成」で手札補充。考えることが単純すぎて申し訳ない。

 

両面では「軍団の上陸」は1マナだし気になる。outpost的な。ただパーミッションで3体以上で攻撃する場面あるかな?考えることがとことん15年前と変わらない・・・。

「アズカンタの捜索」は限定的な無限impulse。これは要チェック。

 

構築より限定が面白いのか?

 

classicな青単パーミッションに使えそうなのはOptとか「幻惑の旋律」?他の色も生物が多いわけだが、それらを妨害する新たな手段が殆どないので今後も厳しい青単の道のり。なので今は青白副陽コントロールに日和っております。

 

ところで先手2ターン目ブーメランで相手の土地を戻す(疑似Timewalk)のが快感なのですが、MOで外人にmean cardと言われてキレられた。meanでそういう意味なのね、初めて知った。

現スタンダードでの青単コントロールの可能性について(無理矢理青単で組む)

Team Mono Blueの歴史は古い、というか一瞬だ。もう20年近くも前のことだし、歴史というほどのものはない。メンバー(といっても2,3人だが)も青単をプレイする者は自分しか居ない。そう、自分だけの為の名称だ。

 

方針は今も変わらない。それは

 

「とりあえず青単で組む」

「いかなる環境であろうとも青単に固執する」

「無謀な状況であっても青単で特攻する」

 

という、青を心から愛していないとできない目標である。

 

カウンターが弱体化しようが、パーマネントコントロールが乏しくなろうが関係ない。なんとか、無理矢理青単で貫き通す。これが道だ。(何がだ)

 

ということで、現在のスタンダード環境でもそれができるかMagicOnlineで試してみることにした。

 

しかしブランク20年近くがいきなりスタンダードを目指すのは大変だ。1からカードリストを読み直して使えそうなカードを吟味していく。しかも用語が難しい。調査だ永遠だなんだと熟語ばかっり。普通のカードならまだいいがMOだと略語のみの表記だから困る。なんだよinvestigateって。キーワードありすぎ。

 

ということで青単を目指したが、意外にいける、無理矢理だが。

 

Sweep Awayなんて昔だったら構築に入れたら頭がおかしいと思われたかもしれないが、今の環境では素晴らしく活躍できる。Kefnet's last wordも悔しいけど命を救われることもある。

 

ただ、言われていたとおり生物関係は昔よりずっと進歩している。Glyph Keeperが一番のお気に入り。除去耐性のある優秀なフィニッシャーだ。しかも生き返るし。

 

ということで青単コントロールをスタンダードでやっているが、悪くない。

MTG その1

もう20年以上も前だが、MTGというカードゲームにのめり込んだ。高校の同級生たちがやっていたところで興味を持ち始めた。丁度、MTGが正式に日本に上陸し第4版が発売されたころ。

 

知っている人はわかると思うが、こういったカードゲームはのめり込めばのめり込むほどお金と時間が際限なく消費されていく。

 

高校も卒業し、同級生たちともそれぞれ別々の大学に進学した。恐らく勉強やバイトやサークル活動に忙しくて彼らも自然とプレイするのを辞めたはずだ。

 

だが、自分は意外に続いた。自分を含めて3人が卒後も定期的に集まりプレイする時間が作れた。Team Mono-Blueと称した会合は今でも思い出に残っている。そしてコツコツとカードを集め、公式トーナメントにもちょいちょい出た。多分同級生の中でもあれだけしつこく公式戦にも出たのは自分くらいなのではないか?

 

しかし大学3年ともなるとさすがに熱意は薄れ、静かに引退を決意。これまで買いそろえたカード達をヤフオクで売り飛ばし、そこでMTGの歴史は閉じた。

 

閉じたはずだった。

 

何千枚もあったカードはヤフオクかゴミ箱行きになったが、今まで保存しているカードがある。それが青のカード達。いつしか保存していることも忘れていたが、ふとした瞬間に倉庫で目が合った。懐かしく思い中をのぞくとその頃にお世話になった印象深いカードが多く眠っていた。

 

恐らく今後もプレイすることはないと思うが、万が一の時のために最近の情勢を学ぶことにした。

35GT-Rの誰も言わない優れた点

自分は2008年の初期型に乗っているから最近のGT-Rのことはわからない。

 

35GT-Rを取り上げた様々なブログや価格comのレビューを見てきたが、誰も書いてくれないポイントがある。それはサウンドだ。

 

BOSEのスピーカーは伊達じゃ無い。でも、いつもそればかり聴いていると慣れてしまってその音質の良さが認識できない。

 

最近は事情でセカンドカーもあるので、交互に乗るとその違いがすぐにわかる。

 

「ああ、GT-Rのスピーカーからはこんなに深くて奥行きのあるサウンドが流れていたのか」

 

というか、セカンドカーで音楽を聴き始めたらあまりに薄っぺらいサウンドなので、どこかスピーカーが壊れているのではないかと勘違いしたほどだ。

 

だから911turboやM3乗りはGT-Rディスる前にあのサウンドを聴いてからレビューを書け!(若干最後は被害妄想となってしまった。)